最新情報

【終了】 滋賀県社会福祉事業団 公開講座『これからの社会福祉事業について』〜今求められる社会福祉法人のあり方〜

  • 協賛事業

近年の社会経済環境の変化に伴い、経済的困窮や社会的孤立の状態にある人たちの問題が深刻化しています。また、 医療の進歩に伴い、多くの命が救われる一方で、何らかの障害がある中で地域生活を送る人も増加しています。このような状況の中で、ますます我が国の「社会福祉」にかかる期待は増大し、誰もが暮らしやすい地域社会の構築を求 める声が大きくなっています。

今回は、厚生労働省から総務課長の古都賢一氏をお招きし、平成 12 年の「社会福祉基礎構造改革」から現在までの社会福祉制度の大きな流れを説明していただきながら、これからの社会福祉事業の向かうべき方向感や、それを担う地域資源、とりわけ社会福祉法人に求められる役割などについてお話しいただき、滋賀県内の社会福祉関係者の方々とともに、滋賀県の社会福祉のこれからについて検討していくきっかけになればと考えております。

研修プログラム

13:15

あいさつ
滋賀県社会福祉事業団

13:30

基調講演 『これからの社会福祉事業について』~今求められる社会福祉法人のあり方~
厚生労働省 社会・援護局総務課 課長 古都 賢一 氏

14:45

座談 「私たちが滋賀県でできることは」
厚生労働省 社会・援護局総務課 課長 古都 賢一 氏
滋賀県民間社会福祉施設経営者協議会 会長
社会福祉法人ゆたか会 理事長 杉橋 研一 氏
滋賀県社会福祉事業団 常務理事 花原 信昭 氏
進行:滋賀県社会福祉事業団「県立信楽学園」 園長 山田 宗寛 氏

16:30

閉会