最新情報

【終了】 湖南圏域重度障害児者医療ネットワークフォーラム、重度障害児における在宅医療研修会「重度障害児者在宅医療について」

  • 協賛事業

重度障害児者が健康で在宅生活をおくるためには在宅医療の普及は必須です。研修会を通じて理解を深め、障害のある人たちが、より安心して地域生活が実現可能となることを期待しています。

テーマ「重度障害児者在宅医療について」

座長:宇都宮 琢史 先生(草津栗東医師会会長、湖南圏域重度障害児者医療ネットワーク検討委員会委員長、うつのみや医院院長)

演題

13:05

「重度心身障害児者の在宅医療」
川崎 史寛 先生(西宮砂子医療福祉センター、川崎医院院長)

14:15

「災害時に備えるべき要援護者(特に重度障害児者)医療の在り方−東日本大震災を経験して−」
田中 総一郎 先生(東北大学小児科 准教授)

15:25

質疑応答

参加対象者

重度障害児を養育する家族・支援者、医師、看護師、介護ヘルパー、施設関係者、行政関係者等 ご関心のある方(定員 250名)

備考

  • 参加ご希望の方は申込用紙(PDFをダウンロードして下さい)にご記入の上、FAX 又は郵送にてお申し込みください(申込み締切:11月8日(金)必着)
  • 宛先:守山野洲医師会
    FAX:077-583-7525
    住所:〒524-0013 守山市下之郷三丁目2番5号 すこやかセンター3階
  • 参加にあたり、何らかのお手伝い(電源確保やお子様同伴等)が必要な方は、事前に下記までお電話でご相談ください。小児保健医療センターの看護師、またはびわこ学園の看護師が対応させていただきます。
  • 当日は手話通訳もあります。