最新情報

【終了】 第16回 甲賀地域の障がい者福祉を考えるつどい 「誰もが暮らしやすい福祉しがづくり」をめざして(「誰もが暮らしやすい福祉しがづくり研究事業」甲賀ワークショップ)

  • 実行委員会ロゴ実行委員会主催

誰もが暮らしやすい共生社会の実現は、全ての人の願いです。しかしながら、障がいのある人が地域社会で暮らしていく上ではまだまだ様々な障壁があります。さらに障がいのある人の就労をめぐる環境は厳しいものがあります。

滋賀県では「近江学園」の創設に携わった故糸賀一雄氏が、重度の障がいのある子であっても光り輝く存在であるとして「この子らを世の光に」と唱え、人間の新しい価値観の創造をめざした人権尊重の取り組みが展開され、その精神が滋賀県の障がい者福祉に生かされてきました。そして今年度、糸賀一雄生誕100年記念事業の一環として「誰もが暮らしやすい福祉し がづくり」をテーマに県内各地でワークショップが開催されることになりました。

甲賀地域ではこの趣旨に賛同し、例年3月に開催しております「甲賀地域の障がい者福祉を考えるつどい」とこの記念事業をタイアップした形で、今回のつどいを開催することになりました。障がいのある人もない人も皆で意見を出し合い、誰もが暮らしやすい共生社会の実現に向けた取り組みの方向性を見出すために、多数の参加をお待ちしております。

プログラム

13:00

受付

13:15

あいさつ

13:25

講演「(仮題)地域社会における障がい 理解・障がいのある人の就労」
講師:竹中 ナミ氏(社会福祉法人プロップ・ステーション理事長)

14:45

休憩

15:00

グループ別懇談会

16:00

終了

竹中ナミ氏 紹介

兵庫県神戸市生まれ。重症心身がい害の長女を 授かったことから、独学で障がい児医療・福祉・教育を学ぶ。1991 年草の根グループとしてプロッ プ・ステーションを発足。98 年社会福祉法人格を取得し、理事長に就任。ICT を駆使してチャレンジ ド(障がいを持つ人の可能性に着目した新しい米語) の自立と社会参画、とりわけ就労の促進を支援する 活動を続けている。
ニックネーム「ナミねぇ」で親しまれる超元気な関西人。2008 年より「ナミねぇ BAND」を結成 し、ヴォーカリストとしても活動中。

主催

甲賀地域障害児・者サービス調整会議

参加申込み

参加を希望される方は、参加申込書(PDF)にご記入の上、FAX または郵送でお申込みください。在籍の学校に提出して いただいても結構です(申込締切:11月15日(金))。

託児、手話通訳が必要な方は、申込用紙にご記入ください(託児を利用される方は、水筒、おやつをご持参ください)。

  • 甲賀市自立支援課
    〒528-0005 甲賀市水口町水口5609
    TEL:0748-65-0702
    FAX:0748-63-4085