最新情報

【終了】 湖北圏域重度障害児者医療ネットワークフォーラム

  • 協賛事業

テーマ:「湖北圏域における医療ケアのある障害児・者の現状と課題」

重度障害児者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには、身近な地域に在宅医療福祉の仕組みがあることが望まれる。しかし現実には「身近に受診できる診療所がない」、「家族だけで医療ケアを続けるのはしんどい」など切実な声が聞かれるなか、重度障害児者の医療の現状と課題を共有し、課題解決に向けた方策について、一人ひとりが考える機会としてフォーラムを開催する。

内容

13:40

講演「湖北圏域における医療ケアのある障害児・者の現状と課題」
講師 藤井達哉氏(滋賀県立小児保健医療センター病院長)

14:50

パネルディスカッション
パネラー:海津千鶴子氏(湖北病院訪問看護ステーション)
パネラー:未定(親の立場から)
パネラー:市川正太氏(NPO法人CILだんない 副代表)
パネラー:手操忠善氏(湖北医師会会長・浅井診療所所長)
アドバイザー:藤井達哉氏(滋賀県立小児保健医療センター病院長)
コーディネーター:植松潤治氏(湖北グリーブクリニック所長)

対象

障害当事者、障害児者の家族、医療従事者、障害福祉サービス事業所関係者、行政関係者、その他関心のある方

その他

参加にあたり、何らかのお手伝い(介護等)が必要な方は、事前に問合せ先まで相談ください。

主催

長浜米原しょうがい者自立支援協議会 重介護・医療ケア検討部会

後援

湖北医師会・長浜市・米原市・滋賀県湖北健康福祉事務所