最新情報

【終了】 障害のある人たちの介護や保育の場での活躍を伝える 「いきいき生活支援員 推進フォーラム」

  • 協賛事業

知的障害のある人たちが介護サービス分野で就労することにより、介護サービスの受け手である高齢者に「安心」や「ゆったり感」を与え、結果的にそのことが事業所の「介護の質の向上」につながっていることが10数年の取り組みでわかってきました。こうした知的障害のある人たちの“ならでは”の働きは、地域で生活している様々な人々が、“お互い様”と助け合い、支え合えるきっかけともなり、よりよい地域づくりに繋がると考えています。

このフォーラムでは、現場で共に働く方々からの“ならでは”の働きの報告と、今後へ向けての議論を深めたいと思います。

内容

基調報告

「介護や保育の場で働き続けるためのしくみづくり」〜今後に向けて〜
野村 祐子(街かどケア滋賀ネット)

シンポジウム

「障害のある人たちが働くということ」〜その意義と課題と〜
シンポジスト:村田美穂子 氏(NPO法人 宅老所 心 代表)
シンポジスト:森本信吾 氏(特別養護老人ホーム ヴィラ十二坊 施設長)
コーディネーター:村井龍治 氏(龍谷大学 社会学部 教授)

鼎談

「“ならでは”の働きとは??」〜未来に向けて〜
滋賀県健康福祉部 障害福祉課(予定)
シンポジスト:白杉滋朗 氏(おおつ働き暮らし応援センター センター長)
シンポジスト:城貴志 氏(NPO法人 滋賀県社会就労事業振興センター センター長)

申込方法

参加申込書(こちらからダウンロード可能です)に必要事項ご記入の上、FAX(0748-60-2907)にて申し込みをお願い致します。

主催

NPO法人 街かどケア滋賀ネット

後援

滋賀県、滋賀県老人福祉施設協議会、滋賀県介護サービス事業者協議会連合会